仕事を教えてくれない上司や先輩社員のもとで生き抜くための処世術
  • 上司が仕事の指示を出してくれない
  • 先輩社員が仕事を教えてくれない

こんなことで悩んでいませんか?

 

 

仕事を与えられない状況で過ごす1時間はかなりの苦痛です。

教えてもらう立場なのにサボってネットサーフィンをして時間をツブす訳にもいかないですからね。

 

 

そんな時に何もせずにボーッとしてしたのではあなたのためになりませんし、下手すると周りから

やる気があるのか?!

なんて言われかねません。

 

 

この記事では上司や先輩社員が仕事を教えてくれないときにあなたはどうするべきなのかをテーマにお話していきます。

 

自分から「何をすればいいですか?」と声をかける

上司や先輩社員が仕事を教えてくれないのにも色々と理由が考えられます。

  • 教え方がわからない
  • 何から教えていいかわからない
  • 単純に忙しくて時間がない
  • そもそも教える気がない

 

 

こんな状況で指示を待ち続けても無駄に時間が過ぎていくだけです。

 

 

何をすればいいですか?

まだ慣れない職場で上司や先輩社員の手を止める発言をするのは勇気がいりますが、ここは勇気を出して話かけましょう。

 

 

もしあなたから動かなければより悪い方へ流れていく可能性もあります。

  • 全然仕事をしてくれない
  • やる気がないんじゃないか
  • やる気があるなら自分から何をすればいいか聞きに来るだろ

 

 

これは実際に僕の会社の別部署の先輩社員と上司がおとなしめの新入社員が入った時に話していた内容です。

 

上司や先輩社員の動きを見てできる範囲でサポートする

上司や先輩社員に何をすればいいかと指示を仰いだとしても、本当に忙しいときには指示が後回しになることだってあります。

そんなときこそ上司や先輩社員の動きをよく見てください。

  • コピー機から印刷物を席へ届ける
  • お客様へお茶出しをする
  • 必要な資料を取ってくる
  • お弁当を買ってくる

 

 

ホントに忙しいときってちょっとしたサポートがすごく助かるんです。

自分にできることはないって思うんじゃなくて、小さくてもいいから自分にできるサポートを常に探しましょう。

 

これぐらいなら書かなくても覚えられると思っても必ずメモをとる

上司や先輩社員から教えてもらえることは簡単なことであってもメモしておく癖をつけましょう。

自分の仕事の手を止めて教えてくれるわけですから教えてもらう側としても真剣に聞いて覚える態度を見せないといけません。

 

 

メモをとらない → 忘れる → やり方がわからない

この流れは最悪です。

 

 

この前教えてあげた時間が無駄になってる

わざわざ手を止めて教えても無駄だ

もう教えたくない

そう思われてしまったら教えてもらえる機会がさらに減ってしまいます。

 

 

逆に普段からメモをとる癖をつけて、教える価値があると思ってもらえれば教えてくれる機会も自然とアップします。

 

質問の仕方を工夫する

前に教えてもらったけどやり方を忘れた

そんなときにメモが手元にあればいいですが、持っていない場合にはもう一度同じことを聞かないといけません。

その際には質問の仕方を工夫しましょう。

 

 

毎回同じように

これどうやるんですか?

と繰り返し質問していると

前にも同じこと聞いてきたよね?

何回同じこと聞くの?

とヘソを曲げられてしまいます。

 

 

そうならないためにも質問の仕方には変化をもたせるようにしましょう。

例えば

これって前に聞いた〇〇と同じやり方でいいんですか?

これって前の〇〇とどこか違うんですか?

こうしておけば、前に聞いたことは覚えているけどその上で新しい疑問が出てきたような感じを演出できます。

 

単独行動でのミスは状況を悪化させる

まだまだ独り立ちできていない時期での単独での勝手な判断は厳禁です。

あなたが起こしたミスの責任をあなた自身で取れるポジションにいるならいいですが、そうでない限りは周りの人に責任を取ってもらうことになります。

 

 

独断で突っ走った部下の責任を取らされる上司や先輩社員は絶対にいい気はしませんよね。

まだまだ責任が取れないうちはホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)を徹底しましょう。

 

居場所がない状況が続くようなら転職も視野に入れよう

  • 色々努力してみたけど状況は変わらない
  • いつまでたっても居心地が悪い

もしあなたがそう感じているなら、その会社に固執せず他の仕事にも目を向けてみましょう。

 

 

会社選びで同じような失敗を繰り返さないためにも

  1. どこが合わなかったのか
  2. どういうところで働きたいのか

この答えを見つけてから新しい職場を探しましょう。

 

当サイトから登録されている転職支援サイトトップ3

取り扱っている求人案件の違いや各サイトごとの独占案件があるので複数の支援サイトに登録するのが一般的です。

全て登録にかかる時間は5分ほどなので迷ったら3社とも登録してしまいましょう。

 

第1位 転職希望者の8割以上が利用する『リクナビNEXT』

リクナビNEXTのオススメポイント
  • 掲載求人の85%がリクナビNEXT限定
  • 転職決定数は業界No,1
  • 企業からのスカウトが期待できる
  • 無料ツールのグッドポイント診断で簡単自己分析

 

 


第2位 経験の少ない20代の転職を応援する『就職shop』

 

就職shopのオススメポイント
  • 書類選考なしで面接が受けられる
  • 利用者の9割が20代
  • 利用者数は10万人を突破

 

第3位 転職のプロがあなたの仕事探しをお手伝い『DODA』

DODAのオススメポイント
  • 10万件以上の豊富な求人情報
  • サイト非公開の情報が8割以上
  • 履歴書を書くための秘訣をマスターできる

 

さいごに

新入社員の教育カリキュラムができていない企業も多くあります。

特に中小企業では先輩社員を指導係としてつけてあとは任せっきりにしてるなんてこともよくあることです。

 

 

そんな先輩社員や上司からの指導がない場合は遠慮なんかせずに積極的にあなたから指導を受けに行かないといけません。

上手く学びとれればいいですが、どう頑張っても状況が変わらないような場合には転職も視野に入れて行動しましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ