バトル漫画の主人公は70歳のおじいちゃん?!『銀狼ブラッドボーン』が面白い!

今日は原作:艮田竜和先生、作画:雪山しめじ先生の『銀狼ブラッドボーン』をご紹介します!

『銀狼ブラッドボーン』を無料で試し読み♪

 

ここからはネタバレもありますので気になるあなたは無料の試し読みをどうぞ♪

『銀狼ブラッドボーン』のあらすじ

サンサロドという街で連続殺人事件が起こる。

夜な夜な人が襲われ骨のみが抜かれて発見されるという骨抜き事件(アンボンドじけん)だ。

犯人を追うサンサロド警察は犯人の目星もつけられずにいた。

 

検死の結果被害者の血肉からは犯人のものと思われる唾液が・・。

現場に残された死体が『食べ残し』である可能性が浮上し、犯人が人外である可能性が出てくる。

 

警察は「餅は餅屋に」化け物退治のスペシャリスト、銀狼ハンス・ヴァーピットに協力を要請する。

しかし、昔は稀代の吸血鬼ハンターとして恐れられたハンス・ヴァーピットはすでに70歳の老人だった…。

 

続きが気になるあなたはeBookJapan(イーブックジャパン)で!
eBookJapanのメリット
・1分で簡単登録
・届くのを待たずに購入後すぐに読める
・電子書籍なので置き場所に困らない
・外出先でいつでも読める

ネタバレと感想

ハンス・ヴァーピットは半吸血鬼の少女ココウィルと余生過ごしていた。

そんな中で届いた警察からの化け物退治要請の手紙を読み、その内容から『ハンスを利用する』という目論見を正確に読み取る。

 

しかしその上で、

『ワシが愛した者たちと生きたこの街を、その”平和”を化け物が脅かしている。

許せるかよ。

ヒトが築き上げてきたものを台無しにする化け物どもを断じて許さん。

老いぼれの最後の仕事を始めよう。』

カッコイイ!読んでて痺れます!

70歳のバトル漫画なんて読んだことあります?!

 

人生経験豊富なハンス・ヴァーピットだからこそ、発するその言葉には重みがあります。

歳を言い訳にせず強力な敵に立ち向かう姿に胸を打たれめちゃくちゃ応援してしまいます。

 

骨抜き事件の主犯はグリムという男。

グリムはヒトを食い殺す化け物を作り出すだけでなく、死者を蘇らせる力をもっていた。

 

かつてハンスが立ち上げた組織、銀狼団の副隊長を務めたレイフブランドン

かつて倒したはずの吸血鬼の王、ファウストをはじめとする吸血鬼軍団

ハンスの戦いづらい者たちが次々とハンスの前に次々と現れる。

 

海の向こうから家族の仇をとるためにグリムを追ってきた男、村上秋水とも協力しハンスはグリムを追いかける!

ハンスはよくあるバトル漫画のように主人公だから最強というわけではありません。

思うように体が動かないうえに吸血鬼ハンターを引退してからブランクもある。

強敵との対決ではいつも辛勝という感じです。

 

でも逆にそういったリアルな描写が共感と応援が生みます。

こんな人に読んでもらいたい

10代の主人公が活躍するバトル漫画なら若い子が共感しながら読むんだろうけど、この漫画は30代より上の世代にぜひ読んでもらいたい!

 

ハンスのセリフがグサグサ刺さります(笑)

 

同じことを繰り返す毎日に飽き飽きしている世代の人たちに「俺らもまだまだこれからやん!」という気持ちを取り戻させてくれる良作です!

 

さらに続きが気になったあなたはeBookJapan(イーブックジャパン)でまとめ読み!
eBookJapanのメリット
・1分で簡単登録
・届くのを待たずに購入後すぐに読める
・電子書籍なので置き場所に困らない
・外出先でいつでも読める

 

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ