もうやってる?早ければ早いほど得する簡単節約術
小学2年生の自転車を買い替える、サイズ選びと決め手になる重要ポイント

小学2年生の子供の自転車のサイズは何インチを買えばいいの?

 

 

今日は自転車の買い替えのタイミングでどの大きさの自転車を買えばいいか迷ってる親御さんに、実際に小学2年生の子供が乗っている自転車のサイズや選んだ際のポイントをお伝えします。

 

 

これらのポイントをあらかじめ知っておけば、時間をかけずに自転車選びをすることができますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「そろそろ小さくなってきた?」見ていて乗りづらそうにしていたら買い替えのタイミング

ウチの息子が小学1年生のときに乗っていた自転車は5歳の誕生日にあばあちゃんに買ってもらった初めてのものでした。

息子はもともと背が低く、幼稚園では入園から卒園するまで背の順でいつも前から2番目というおチビでしたので初代自転車は16インチです。

 

 

小学校に上がる頃には広いところなら補助輪なしでもスイスイ乗れるようになっていましたが、下の娘がまだ補助輪付きの自転車しか乗れないこともあって仕事が休みの日のお出かけはほぼ車。

 

 

それがある日息子と自転車に乗る機会があって、前を走る息子を後ろから見ながら「上手になったな〜」なんて親バカな目で見ながらあることに気付きます。

「自転車小さくね?!」

さらによく見ると若干運転しづらそうにしています。

とりあえずサドルをあげてみましたがやっぱりバランスが悪い気がする・・・。

 

 

小学2年生に上がっても身長が110センチ程度しかなかったですが、見れば見るほどサイズが合ってない。

息子にも「乗りにくくないか?」

と聞いてみると

「うん。乗りにくいんよ」と即答。

 

 

親が見て「そろそろ自転車のサイズと合わなくなってきたな」と思ったときが買い替え時ですね。

 

子供の自転車を買うならネット通販よりもサイクルショップで選ぼう

子供の自転車を選ぶときは必ずショップへ足を運びましょう。

ショップの店員さんに教えてもらったんですが、同じ20インチの自転車でもメーカーや種類によって若干サイズに違いがあるらしいです。

実際に店頭に並んである自転車に乗せてみてから買うのが一番失敗しない方法ですね。

 

 

インターネットで買うなら時間も距離も気にせず注文できますメリットはありますが、組み立ての手間とサイズが合わないリスクを考えると子供用自転車に限ってはあまりオススメしません。

 

 

ヘルメットやプロテクターはインターネットの方がはるかに種類がありますのでオススメです。

自転車 プロテクター

小学2年生にオススメのサイズは20〜22インチ

身長が110センチ以上あれば20インチの自転車でも十分乗れます。

すでに120センチ以上あるのであれば22インチを選んでもいいぐらいです。

 

 

実際にウチの子には20インチのものを選びました。

身長もまだ小さく痩せ型なので20インチでサイズ感もバッチリです。

 

 

身長の伸び具合にもよりますが、2〜3年後にはまた買い替えになるかな〜とは考えています。

 

自転車を選んだ3つのポイント

自転車を選ぶのに重視したのは安全性です。

  1. 足がついて安定しているか
  2. 自転車の大きさと体格が合っているか
  3. ブレーキが握れているか

① 足がついて安定しているか

店頭で実際に自転車に乗せてみましたが、22インチだとつま先が少しだけ地面につく程度です。

ショップの店員さんは

「つま先がついているので大丈夫ですね」

と22インチを押してくれましたが、地面につくのがつま先すぎて安定してません。

 

 

止まっている状態で乗って安定しないので、走っていてブレーキをかけたときに安定するわけがありませんよね。

車通りのある道路でコケてしまわないように安定するサイズを選びましょう。

 

② 自転車の大きさと体格が合っているか

サイズ感があっていない自転車に乗せるのは事故の元です。

何年も乗って欲しいからという理由でかなり大きめのものを選んでいる親御さんも多いと思いますが、体格と比べて大きすぎる自転車は運転が難しいので与えてはいけません。

 

③ ブレーキが握れるかどうか

一概に小学2年生といっても身長や体格・手の大きさなんかは全然違います。

子供を自転車に乗せるうえでブレーキは最重要パーツですので、必ず買う前にブレーキを握らせてください。

 

 

ハンドルからブレーキまでの距離や硬さはある程度調整がききますが、調整してもしっかり握れないものは避けるようにましょう。

 

さいごに:新しい自転車に乗せてみて

新しい自転車を持って帰ってきたので早速息子を乗せてみました。

・・全然違う(笑)

 

 

今までの小さい自転車では漕ぎ出しにふらついてたりしてたんですが、新しい自転車ではそれが全くありません。

体に合ったサイズになるとこうも違うのかとちょっと感動。

 

 

でもそれと同時に今までサイズの合わない自転車に乗せていたことが急に怖くなる・・。

ただでさえ子供は危ない運転をしがちなので、できるだけ安全に乗ってもらうためにもサイズ確認はマメに行うようにしましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ