もうやってる?早ければ早いほど得する簡単節約術
格安SIM初心者が抱える3つの不安(電波・通話料・サポート)について解説します

携帯料金を節約したい人がどんどん切り替えている格安SIM

家計を預かる身としては格安SIMの毎月の利用料金の安さは非常に魅力的!

 

しかしその反面、

使い勝手が変わらないのに料金だけが安くなるなんて正直怪しい

こういう風に考えている人は多いんではないでしょうか?

 

この記事では、実際に格安SIMの申し込みをする前に知っておくべき

・今使っているキャリアよりも電波状況が悪くなるんじゃないの?

・データ料金が安いのはわかるけど通話料はどうなの?

・3大キャリアと違って店舗をあまり見かけないけどサポート体制はどうなっているの?

といったこれらの不安に対する疑問にお答えしていきます。

 

今や格安SIMを扱う会社が多すぎるぐらいに増えており、これからも増えていくと予想されます。

そこで、実際にどこを選んでいいのか決めかねている格安SIM初心者の方向けに厳選した3社を文中でご紹介していますのでそちらもぜひ参考にしてください。

格安SIMに関する3つの不安(電波・通話料・サポート)

今まで長年使っていた3大キャリア(docomo・au・softbank)から離れて格安SIMに変更するとなると失敗はしたくないですよね。

 

格安SIMの話題の中心は常に月額のデータ料金のみで、それ以外のことについてはあまり触れられません。

そこであまり取り上げられることのない格安SIMを初めて使ううえで不安になる以下の3つのことについて解説していきます。

  1. キャリアよりも電波状況が悪いんじゃないの?
  2. データ料金が安い分、通話料が高いんじゃないの?
  3. 店舗を見かけないけどサポート体制はどうなっているの?

※ あらかじめこれらの内容を理解しておくことでより失敗のない選択をしていただけます。

① キャリアよりも電波状況が悪いんじゃないの?

格安SIMと聞くと

格安で使える分キャリアよりも悪い電波状況を我慢して使わないといけないんじゃないか

と考えてしまいませんか?

 

しかしこの点についてはあまり心配しすぎなくても大丈夫です。

 

なぜなら格安SIMを扱う会社で利用している通信設備は大手キャリアのものと同じものだからです。

料金を格安で提供できるのは品質を落としているからではなく、自社設備を持たないことでコストを落とせているからなんですね。

 

通信が重なって回線が混み合うような時間帯には多少遅くなるという話も聞いたこともありますが、使用していて特に気なるほどのものでもありません。

実際に3年以上使っていますがデータ通信でストレスを感じたこともほぼないですからね。

② データ料金が安い分、通話料が高いんじゃないの?

格安SIMでデータ通信料が安いのは有名ですが、通話料に関してはあまり話題になりません。

 

だからこそよく通話をする人ほど

データ通信料が安い分、通話料金がキャリアよりも高く設定しているんじゃないのか

と心配になります。

 

格安SIMの通話料は30秒毎に20円かかります。

高っ!

って思うかもしれませんが、これは大手キャリアと同じ金額です。

 

大手キャリアでは契約時に通話する機会が多いかどうかをヒアリングして

  • 通話1回5分までの通話無料
  • かけ放題

のどちらかの有料オプションをつけることを勧めています。

 

格安SIM各社にも大手キャリア同様の有料オプションがありますし、LINEやSkypeのようにアプリを使った無料通話もよく使われているので通話料の点についても過度の心配は不要です。

③ 店舗を見かけないけどサポート体制はどうなっているの?

docomoの携帯を使用していて困ったことがあればdocomoショップへ、auの携帯を使用していて困ったことがあればauショプへ行って相談すればほとんどのことは解決できます。

 

しかし格安SIMの専門店はあまり見かけないので

実店舗を持たない格安SIMについてのサポートはどうなっているのか

という点についても心配になります。

 

実店舗を持たない格安SIMについての修理受付や操作サポートの相談については電話もしくはメールでの問い合わせがメインです。

さらにチャットやコミュニティを使ってサポートを強化している会社も出てきていますが、基本的に端末操作は全てこちら側でしないといけません。

 

もしそういった状況が苦手ということであれば実店舗にサポート窓口を置いてある格安SIMを選んでおくことで不安は解消できます

キャリアから格安SIMに変更する前に知っておきたい4つのデメリット

格安SIMに変更する前に知っておいてほしいキャリアとの違いについて、4つのデメリットとしてご紹介しておきます。

  1. キャリアメールが使えなくなる
  2. LINEのID検索ができない
  3. 料金の支払いはクレジットカードのみ
  4. 実店舗がない会社を選ぶと設定や修理受付に時間がかかる

① キャリアメールが使えなくなる

キャリアを解約することになるので当然キャリアメール(〜@docomo.ne.jp〜@ezweb.ne.jp等)は使用できなくなります。

変更後はGmailやYahooメールなどのフリーメールをメインで使っていくことになるので、キャリアメールを使う機会が多かった人にとっては相手側に通知するのが手間です。

② LINEのID検索ができない

格安SIMでは年齢認証ができないのでLINEのID検索ができません。

この機能をよく使っているなら不便に感じるかもしれません。

③ 料金の支払いはクレジットカードのみ

格安SIM料金の支払いはほとんどがクレジットカード限定です。

口座振替や振込での支払いを希望している場合であっても変更できないことがあるので注意が必要です。

 

もしクレジットカードをまだ持っていないのであればポイントを貯めやすい楽天カードがオススメ!

④ 実店舗がない会社を選んでしまうと修理受付に時間がかかる

月額料金だけを優先して実店舗がない格安SIMを選んでしまうと修理受付に時間がかかってしまいます。

操作サポートや修理依頼は電話もしくはメールを利用しながら全て自分で操作しないといけません。

もし機械操作が苦手なら実店舗にサポート窓口がある格安SIMを選んでおかないと後悔するハメになります。

初心者にオススメの格安SIM3選

利用料とサポート体制を比較して数ある格安SIMの中から初心者向けの格安SIMを3つご紹介します。

  1. UQモバイル
  2. Yモバイル
  3. 楽天モバイル

※ 3社ともクレジットカード払いの他に口座振替での支払いも選択できます

① UQモバイル

月額料金はキャリアに比べて半額以下に抑えられる。

UQモバイルはKDDI系列の会社でauのスマホがそのまま使えるのも嬉しいところ。

 

実店舗が全国に2700店舗以上あり、auショップに併設されていることもあって知名度は高め。

修理受付が可能なUQスポットと呼ばれる店舗が全国に120店舗あるので、わからないことがあれば『行って聞く』ことができる数少ない格安SIM

 

詳細確認・お申し込みはコチラから【公式ページへジャンプします】

>> ずーっと月額1,980~円(税別)使えるスマホ【UQモバイル】

② Yモバイル

月額料金はUQモバイルと比べると少し高め。

Yモバイルはソフトバンク系列の会社でソフトバンクのスマホがそのまま使えるのもポイント。

 

実店舗が全国に1000店以上、さらにソフトバンク併設の取り扱い店舗が1000店以上ある。

実店舗で修理受付が可能、それ以外のサポートについては電話とメールが中心になる。

 

詳細確認・お申し込みはコチラから【公式ページへジャンプします】

>> ワイモバイルオンラインストアはこちら

③ 楽天モバイル

月額料金はYモバイルよりも少し高め、1年目に料金が約半額で利用できる割引は魅力。

さらに月額料金の支払いで楽天ポイントが貯まるもの嬉しい。

 

楽天モバイルではドコモのスマホがそのまま使うことができる。

 

実店舗が全国に500店あるが修理や操作サポートを受けるには有料オプションへの加入が必要で、もし加入していなければ機器メーカーへの直接問い合わせが中心になる。

 

詳細確認・お申し込みはコチラから【公式ページへジャンプします】

>>  楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

まとめ

格安SIMに対する不安は解消できたでしょうか?

 

格安SIMを値段だけで比較して飛びついてしまうのは良くありません。

これから初めて格安SIMを使うということならサポートの厚い、実店舗にサポート窓口がある格安SIMを選んでおきましょう。

 

大手キャリアから脱却することで毎月の利用料は大幅にカットできます。

1ヶ月でも行動が遅くなれば本来カットできるはずだった利用料を無駄にキャリアへ支払うことになるので、どこの格安SIMにするかをよく検討してお早めに決断するようにしましょう!

 

初心者向け格安SIM3社はコチラ!





スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ