もうやってる?早ければ早いほど得する簡単節約術
仮病で使わない方がいい病欠理由と仮病でも診断書をもらえるという話

・仮病で会社を休んだら「診断書を出せ」と言われて困っている
・仮病でも診断書をもらえるのか?またそのもらい方を教えて欲しい

この記事ではこんな疑問に答えていきます。

 

朝起きて『今日は仕事する気分じゃないなぁ・・』と思って、迫真の演技で会社に連絡を入れたところ「診断書もらっておいてね」と言われてしまった。

 

診断書?!

ホントは体調は悪くもないのに病院でもらえるの?!

ヤバい・・!

こんな感じで焦っているあなたもひとまず落ち着きましょう。

 

結論から言わせてもらうと仮病であっても診断書をもらうことができます

最後まで読んでいただければ仮病で診断書をもらう方法がわかりますよ。

 

会社を休むのに診断書がいるってホント?

病欠の理由や休む期間によっては診断書の提出が求められることがあります。

本当に病気で休むならいいですが仮病の場合はなかなかのピンチですよね。

 

急な要求に焦らないためにもどんな場合に診断書が必要で、どんな場合なら提出の必要がないのかを事前に把握しておくといいですよ。

わからない場合は会社の就業規則を確認してみてください。

 

病欠時の診断書の提出を就業規則で義務付けている会社もあります。

こういった場合は単なる風邪であっても診断書を求められる可能性があるので、他の社員が休んだときに診断書を提出したかどうかを事前に聞いておくのも一つの手ですね。

 

仮病では使用厳禁!診断書を求められるのはこんな病気

ウイルス性で他の人に感染する可能性があるものや、治療が長期にわたる場合はほぼ確実に診断書の提出を求められることになります。

 

例えば

  • インフルエンザ
  • ノロウイルス
  • ロタウイルス
  • ウイルス性結膜炎
  • うつ病

 

これらは診断書の提出を求められる可能性が非常に高いので絶対に仮病の理由にしてはいけません。

 

仮病でも診断書を書いてもらえる

仮病でズル休みしたときにはどうやって診断書をもらえばいいのでしょうか?

連絡したときに「診断書を持ってきて」と言われる先出しパターン

病欠連絡のときに「次の出社時に診断書を持ってきて」と言われたら仮病であってもとりあえず病院に行きましょう。

病院に行ったら仮病がバレるんじゃ??

そう思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。

 

病院に行ったらこう言いましょう。

昨日の夜から熱が出ていて、朝起きてもまだ微熱があったんですが市販の解熱剤を飲んで今はようやく落ち着いてきた

これなら特に疑われずに診断書をゲットできます。

 

休み明けに「診断書を持ってきて」と言われる後出しパターン

難しいのは仮病でズル休みをしてあとから「診断書持ってきて」と言われる後出しのケース。

こうなると次の2つしか方法はありません。

  1. 病院には行かずに自力で治したと言い張る
  2. 病院で頼み込んで診断書を書いてもらう

 

病院には行かずに自力で治したと言い張る

病院には行かずに市販の薬だけで治したと言い張らないといけないので、病院へ行ったと話してしまったあとでは使えません。

病院にも行ってないので病名を確定的に言ってしまわずに、「熱が出た」とか「吐き気がひどかった」という症状を強調する方が疑われにくいです。

 

病院で頼み込んで診断書を書いてもらう

会社にズル休みを疑われていたり、どうしても診断書を用意しないといけない場合は病院で頼み込むしかありません。

「市販の薬だけで治ったんですけどどうしても会社に診断書を提出しないといけないんです。書いてもらえませんか?」

 

大きな総合病院よりも個人の開業医の方が規則に縛られていない分、融通はきかせてくれるかもしれませんね。

 

さいごに

仮病であっても診断書を書いてもらえるのをわかっていただけたでしょうか?

ただ仮病を使うにしても嘘を盛り過ぎるとその通りの診断書が用意できなくて困る可能性もありますので注意が必要です。

 

ズル休みの理由は「熱が出た」というのが一番使い勝手がいいですよ。

>> 仕事に行きたくない朝、ズル休みに最適な病欠理由は『発熱』に決まり

 

会社が休みのたびに診断書、診断書と言ってくる背景には『ズル休みをしているんじゃないか?』と常に社員を疑っているというものがあります。

 

診断書をもらうにもお金がかかります(3,000〜5,000円程度)ので、本当に病気で通院した場合であっても病院代プラス診断書代が毎回かかるとなるとかなりもったいない話です。

 

そんな社員を疑ってかかる会社が『おかしい』と感じるのであれば別の会社へ移るというのも一度検討してみてもいいかもしれませんね。

>> 焦りすぎ?転職活動がうまくいかない3つの原因について考えてみた

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ