鬼は内?!追い払うはずの鬼を呼び込むのは祀ってる神様の違い
節分の定番と言えば豆まき
福豆を撒いて悪い鬼を追い払うアレです^^
でもなぜ鬼に追い払うのに豆を撒くんでしょうか?

豆まきの始まり

昔、鞍馬山の鬼が都で暴れていたときに煎った大豆で鬼の目をつぶすことで災厄を逃れたという故事伝説が始まりです。
鬼の目(魔目(まめ))に豆をぶつけて魔を滅した(魔滅(まめ))という語呂合わせも相まって『豆を撒いて悪い鬼を追い払う』というものが定着しました。

掛け声の違い

一般的な豆まきのときの掛け声って

鬼は~外~!

福は~内~!

ですよね?

 

でも地域によっては

鬼は~内~!

福は~外~!

って反対になったり

 

鬼は~内~!

福も~内~!

って両方招き入れちゃったり

色々な掛け声があるんです。

『鬼は内、福は外』って言っても大丈夫?

実はこの掛け声が使われるのはほとんどが神社やお寺なんです。

そもそも鬼を外へ追い出そうとするのは鬼が邪悪なものとされているからです。

でも地域によっては『鬼』を神様として祀っている神社やお寺もあります。

鬼神と呼ばれる神様ですね。

 

このような神社では鬼(神様)を追い出すなんてことはできるわけがありません。

ただ、「鬼は外」が言えないとしても悪い鬼には出て行ってもらわないと困りますよね。

 

そこでこのような地域ではあえて神社やお寺が「鬼は内」と言うことで鬼を招き入れ、「福は外」ということで周りの家には福を分け与えるという意味で使われるようになったと言われています。

 

その他では苗字に「鬼」が入っている方のご家庭では「鬼は内」を使うこともあるようですが、一般のご家庭で「福は外」はオススメできません(笑)

鬼を祀っている神社

鬼を祀っている神社は全国で4箇所あります。

  • 鬼鎮神社(埼玉県比企郡嵐山町)
  • 鬼神社(青森県弘前市鬼沢字菖蒲沢)
  • 鬼神社(福岡県田川郡添田町英彦山)
  • 天満社鬼神社(大分県大分市神崎)

 

その中でも埼玉県の鬼鎮神社の掛け声は独特です。

鬼は~内~!

福は~内~!

悪魔~外~!

なんと悪魔まで出てきます(笑)

 

豆まきの掛け声ひとつにしても調べてみるといろんなパターンがありますね。

最後に

お住まいの地域や事情によって掛け声は変わりますが、悪い鬼は絶対に家に置いておくわけにはいきません!

今年の節分もしっかり豆をまいて悪い鬼を追い出しましょう!

 

それでは

鬼は~外~!

福は~内~!

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ