【スマホ節約術】mineoに乗り換えて年間12万円の節約に成功した!

格安SIMってのを使えばスマホ料金が安くなるってホント?
料金が安い=使えない、ってことでしょ?
mineo(マイネオ)ってよく聞くけど怪しいとこじゃないの?

 

この記事ではauからmineo(マイネオ)に切り替えることで毎月1万円年間で12万円の出費を削減できたというお話をしていきたいと思います。

 

この記事ではこんなことがわかります

・ mineoの概要

・ mineoをオススメする理由

・ mineoの乗り換えて年間12万円の節約できた話

 

そもそもmineo(マイネオ)って何なの?

mineo全国で使える格安スマホサービスとしてよく宣伝されています。

でも実際にmineoってものがどんなものなのか?

そしてどんなところが運営しているのかを見ていきましょう。

mineoはMVNO

MVNOというのはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)のことです。

 

簡単に言うと、mineoはスマホに入っているSIMカードを差し替えるだけで料金を格段に安くできるサービスを提供している事業者ってことです。

mineoの運営会社

運営会社 株式会社オプテージ
本社住所 大阪市中央区城見2丁目1番5号 オプテージビル
会社URL https://optage.co.jp/
設立 1988年4月2日
資本金 330億円(関西電力100%出資)
売上高 2,243億円(2019年3月期)
主な事業
  • 電気通信事業
  • 有線一般放送事業
  • 小売電気事業
  • 情報システム、電気通信ならびに放送に関するシステム開発、運用、保守業務の受託

 

これらは運営会社である株式会社オプテージのホームページにある会社概要から確認することができます。

 

それにしても株式会社オプテージってあまり聞かないですよね?

ホントに信用できる会社なのか?って思ってしまいますが、前身の会社名を聞けば一気にその心配も吹き飛んでしまうでしょう。

株式会社オプテージの前身は株式会社ケイ・オプティコムです。

 

聞いたことあるような気がする・・って人のためにもうひと押し。

株式会社ケイ・オプティコムはeo光の運営会社です。

 

これで8割以上の方にはmineoの運営会社がどんなところなのかご理解いただけたでしょう。

 

さらに株式会社オプテージ(旧株式会社ケイ・オプティコム)が関西電力の100%子会社だという点も安心材料の一つですね。

 

au、softbank、docomoと比べて何がいいの?

携帯・スマホと言えばau、softbank、docomoの3社が有名ですよね。

大手キャリア携帯御三家とも呼ばれるこの3社と比べてmineoを選ぶメリットはどこにあるのでしょうか?

料金が圧倒的に安い

まずは料金が激安です。

 

最安値がデータ通信500MB(通話なし)プランで700円(別途税)!

※ お試しデータ通信200MB(通話なし)プラン300円(別途税)ってのもあります。

 

3GBでも900円(別途税)という激安料金。

これで月額料金ですからね?

 

音声通話ありプランだと

最安値が500MBプラン1,310円(別途税)、3GBプランで1,510円(別途税)です。

 

3社の大手キャリアでは100%マネできない驚きの価格設定ですよね。

実際に利用しているユーザーの月額利用料の内訳を公式サイトで見てみると85%以上のユーザーが月額3,000円未満となっています。

 

自分にぴったりの契約プランが見つかる

大手キャリアで契約するときって、店舗で勧められることもあってとりあえず

  • 通話無制限
  • データ通信無制限

で契約していませんか?

 

でも実際に電話するときはほとんどLINE電話などの無料通話を利用して、データ通信はほとんど家のWi-fiを利用しているって方もいるはずです。

それってかなりもったいないことをしていますよ。

 

mineoでは契約する通信量を細かく設定できます。

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 10GB
  • 20GB
  • 30GB

の6種類に加え、音声通話の有無を選択できるので基本プランで12通りの組み合わせから自分の使い方に合わせたプランを見つけることができます。

 

さらにエココース(少しぐらい通信速度が遅くても気にならない人向けで料金が少し安いプラン)とお試しプラン(通信量200MBで音声通話の有無が選べるプラン)も登場して、選択肢が12通り追加されました。

 

これからの契約を考えている方はこれらの24通りのプランの中から自分にぴったりのプランを選択することになります。

 

↓最新の料金表を確認してみる↓

mineoを利用する前に不安に思っていたことを3つご紹介しておきます。

  1. 料金が安い=電波が悪くて使えない?
  2. 今持ってるスマホはどうれすばいい?
  3. 電話番号やメールアドレスはどうなる?

 

料金が安い=電波が悪くて使えない?

安い=悪い

そう思うのも当然です。

僕自身も『安い』と聞くと『悪くても文句は言えない』という印象を持ってしまいます。

 

ですがmineoなどの格安スマホサービスに関してはそんなこともありません。

なぜならmineoが利用している通信設備が大手キャリアのものだからです。

 

大手キャリアから通信設備を借りてサービスを提供しているので多少の違いはあれど、ストレスを感じるほどに遅いと感じたことはありません。

 

今持ってるスマホはどうれすばいい?

月額料金を下げるために格安スマホを検討しているのに、専用のスマホを高い値段で買わないといけないなんて話になれば本末転倒ですよね。

 

mineoでは今持っているスマホがそのまま使えます

乗り換えるために新しくスマホを購入する必要はないんです。

 

本体の買い替えでのデータの移し替えって地味に面倒ですからね。

 

電話番号やメールアドレスはどうなる?

音声通話がありのプランであれば電話番号もそもまま利用できます。

大手キャリアで買って使っていたスマホは乗り換えた時点でキャリアを抜けることになるのでキャリアメール(〜@ezweb.ne.jp等)は使えなくなります。

 

キャリアメールができなくなる代わりとして新しくmineoメールアドレス(〜@mineo.jp)が設定できるようになります。

 

mineo乗り換え時の注意点

mineoの乗り換え時には以下の点にご注意ください。

  1. 支払いはクレジットカードのみ
  2. アプリの年齢認証

 

支払いはクレジットカードのみ

料金の支払いについては銀行振込や口座振替が選択できず、お申込者名義のクレジットカード払いのみになります。

VISA/MasterCard/JCB/Diners Club/American Expressおよび、それぞれの提携会社が発行するクレジットカードをご利用いただけます。

公式サイトより引用

 

クレジットカードをまだ持っていないならポイントも大量に貯められる楽天カードがオススメです。

 

アプリの年齢認証

乗り換え後に困ったのがコレでした。

乗り換え前にLINEアプリの年齢認証をしておらず、乗り換え後にID検索を利用しようとしてその前段階である年齢認証ができないことがわかりました。

 

どうやら年齢認証はキャリアの情報と紐付けているようで、もう3年以上mineoを愛用してますが僕の使っているスマホでは今だにID検索ができない状態です。

乗り換え後に焦ってもどうしようもないので必ずアプリの年齢認証は乗り換え前に必ず済ませておきましょう

 

実際の契約プランを見ながら節約額をご紹介

ウチでは僕と奥さんのスマホ2台をmineoで契約しています。

2台ともそれぞれ3GBの通話ありプランで契約してますが、月額の利用料として固定でかかるのが3,806円です。

これが2台分の料金ですからね。

 

通話料は別途かかるのですが、ほとんどLINE電話で済ませてしまえるのでかかったとしても数百円程度です。

2台分で毎月5,000円を超えることはほぼないのでキャリアを使っていた頃と比べると大幅な節約になりました。

 

具体的にはmineoに乗り換える前はauを使ってまして、2台分で月額15,000円以上を支払っていました。

その頃から考えると毎月1万円以上の節約です。

 

年間12万円節約できているということは、3年前のあのときに乗り換えていなければ36万円を払いすぎて損していたことになります。

・・そう考えると恐ろしい話ですね。

 

さいごに

一手間をかけるだけでこの先ずっと毎月1万円の支出を削減できるとなると節約効果としてはバツグン。

 

今まで「節約にチャレンジしたけど挫折した・・」なんて方にはまずやってほしいですね。

なんせお小遣いを減らしたり食費を削ったりと我慢を強いられるものと違って最初にやってしまえば途中で挫折のしようがないですから。

 

スマホの利用料を抑えるなら格安スマホサービス最大手のmineoで始めましょう!

 

↓公式サイトからmineoを申し込む↓

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ