会社の人間関係に馴染めない3つの原因と対策!

新しく会社に入社するとまず躓くのは人間関係ではないでしょうか?

  • いつまでたっても会社の人間関係に馴染めない
  • 会社の人との間に見えない壁を感じる
  • 何を話していいかわからない

僕自身もこんな風に悩んでいた時期があります。

 

そんな時期を乗り越えた経験を元に、会社の人間関係に馴染めていない原因と対策をお話します。

最後まで読んでいただければ、これからどういう風に努力していけば馴染めるようになるのかをわかってもらえるはずです!

そもそも会社の人間関係に馴染めないとどうなるのか?

会社の人間関係に馴染めないと全く楽しいことがないので仕事にも影響が出てきます。

就職をすると1日のほとんどを会社で過ごすことになって、家族といる時間より会社にいる時間の方が長かったりしますよね。

 

そんな中で良好な人間関係を築けていないとどうなるでしょうか?

長時間、仕事上の指示以外の会話がない状態が続いて息が詰まって仕方がなかったのを今でも覚えています。

そんな息の詰まるところにわざわざ時間をかけて通勤しないといけないことを苦痛に感じたこともあります。

 

会社内で他愛もない会話をすることで息抜きにもなりますし、良好な人間関係を築くことでわからないことを教えてもらったりするための『質問するハードル』を大きく下げることができますので仕事上も有利に働きます。

会社の人に馴染めない3つ原因と対策

会社の人に馴染めない原因としてはこの3つが考えられます。

  1. 自分のことを話さな過ぎる
  2. 悪く見られないように慎重に話し過ぎる
  3. 話を広げるのが下手過ぎる

自分のことを話さな過ぎる

あなたも心当たりがないでしょうか?

自分のことを話さないということは周りに対して、あなた自身を知ってもらう努力をしないということです。

こんなことを続けていたんではいつまで経っても輪に入ることはできません。

『自分のことを話さな過ぎる』ときの対策

まずはあなた自身を知ってもらうためにとにかく話すことが大事です。

好きなお笑い芸人や趣味の話をしてみると以外と話が盛り上がることもありますし、特にウケがいいのは失敗談ですね。

恥をかきたくないのもわかりますが、『彼女にこんなフラれ方をした』なんて話は結構盛り上がります。

まずは輪に入るためにもどんどんあなたを知ってもらう努力をしましょう。

悪く見られないように慎重に話し過ぎる

新人の頃は特にそうなんですが、他の社員さんと話すときに「〇〇って言ったら□□って思われそう・・」って自分で勝手に決めつけて悩んでしまうことってよくあります。

 

  • 生意気だって思われたらどうしよう
  • 使えない奴って思われたらどうしよう

そうやって悩んでいるうちに結局話せないままで1日が終わってしまうんです。

『悪く見られないように慎重に話し過ぎる』ときの対策

どういう風に言えばどういう風な返事が返ってくるのかは実際に言ってみないとわかりません。

慎重になりすぎて逆に評価を落とすこともあるのでその点も理解しておきましょう。

 

例えば、馴染めてない人はわからないことがあったとしても質問をすることに遠慮したりもします。

聞いてしまえば早いのに

  • こんな初歩的なことを聞いても大丈夫だろうか?
  • 一度教えてもらったから聞いたら出来の悪い奴と思われるんじゃないか?
  • なんて話しかけていいかわからない

こんな風に考えてしまうんです。

 

でもこれって一緒に仕事をしている人からすれば、はっきり言って迷惑なんです。

一人で悩んで手を止めるよりも、早く聞いて仕事を進めてくれる方が周りも嬉しいんです。

怒られることから逃げるよりも、怒られてでも早く覚える気持ちを持つことも大事ですよ。

 

『周りからどう見られるか?』

そんなことばかりを気にして本来するべきことを忘れないようにしましょう。

話を広げるのが下手過ぎる

これも重要です。

会社の人がせっかく話題を振ってくれているところを台無しにしてしまうパターンです。

これでは『話しにくい奴』というレッテルを貼られてしまいます。

『話を広げるのが下手過ぎる』ときの対策

とにかく話を広げる努力をしましょう。

具体的にはこの2点が大事です。

  1. 質問を返す
  2. 相槌を少しオーバーにする

 

「〇〇君って××のことどう思う〜?」

って聞かれたときに「特にどうも思わないです」なんて答えていたら話が広がらずに会話が終わってしまいます。

「こう思いますけど△△さんはどうなんですか?」

「こう思いますけどこれって変ですかね?」

と質問にして返すことで、振ってもらった話題を活かすことができます。

 

その中で少しオーバーな相槌を入れることでさらに新しい話題を引き出すことができることもあります。

 

僕がよく使う相槌フレーズとしてはこんな感じです。

「そうなんですか?!」

「すごいじゃないですか!」

「その後どうなったんですか?!」

それでもどうしても馴染めない!

人間関係はこちら側からアプローチだけではどうしようもなく、相手側からの歩み寄りが全くない場合は成立しません。

努力はしているものの、どうしても馴染めなくて

  • 会社にいる時間が苦痛だ
  • 会社に行くのがツライ

こんな状態が長く続いてしまうなら新しい環境を探してみるのもいいかもしれません。

会社は一つではないので、合わない会社に固執しすぎると消耗するだけです。

>> 転職に対するアンテナは常に立てておこう!今の仕事を辞めてからじゃ遅すぎる!

最後に

今日からすぐに始められるものばかりなのでぜひ実行に移してみてくださいね。

僕自身も新入社員の時にぶつかった壁なので、あなたも早く乗り越えるための参考になれば嬉しいです。

 

ではでは〜(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ