もうやってる?早ければ早いほど得する簡単節約術
上司のパワハラは簡単には止まらない!そんな上司に期待するならさっさと離れてしまおう

・上司から毎日のようにイヤミを言われて困っている

・上司が僕だけに残業を無理強いしてくる

・「お前のため」と言って1人でできない仕事を振ってくる

 

こんな職場環境に悩んでいませんか?

 

この記事では上司のパワハラから逃れる方法をお伝えしていきます。

 

パワハラは言われた側が圧力を感じたら成立する

そもそもパワハラとは何なのでしょうか?

これについては2012年の厚生労働省の有識者会議でこう定義されています。

職場のパワーハラスメントとは、(1)同じ職場で働く者に対して、(2)職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、(3)業務の適正な範囲を超えて、(4)精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。

出典:職場でのこんな言動はパワハラだ!

 

職場内の優位性を盾に精神的・身体的苦痛を与えているかどうかは言われた側にしかわかりません。

 

つまり、パワハラなのかどうかは言われる側がどう感じるかで変わってくるということです。

 

言ってる側は気づかない、だからこそ迷惑

パワハラ的な言動について上司はしていることにも気付いていないかもしれません。

 

昔はこれが普通やった!

俺らも言われてここまで偉くなったんや!

こんなことを今だに言ってたりしますからね。

 

でもそんな時代遅れの考えを押し付けられても正直迷惑ですよね。

 

 

実際に経験した上司のパワハラ発言について

実際に経験した上司のパワハラ発言をまとめてみます。

 

「就業時間が終わってからが集中してデスクワークができる時間やろ、やる気ないんか?」

就業時間が終わったので荷物をまとめて「お先に失礼します」と言った後に帰ってきた言葉です。

 

「俺が残って仕事してるのにもう帰るんか?」と帰りづらい雰囲気を作って残業を強要してきます。

時間通りに帰れるようにその日の仕事を終わらせていてもおかまいなしです。

 

コンビニにコーヒーを買いに行ったりスマホゲームをしたりタバコを吸ったりと昼間にたっぷりサボっているから仕事が残っているだけなのにそれに付き合わされる身としてはたまらない。

ちなみにその上司は自分の用事があるときは帰るの超早いです。

 

「そこまでの余裕あるんやったら今月のお前のノルマは2倍やな」

「今日やる仕事全部終わらせてるんでお先に失礼します。この後予定もあるんで・・」と言ったときに返ってきた言葉です。

 

仕事に余裕があるんじゃなくて定時に帰るために休憩せずに働いてるんです。

それなのに自分だけノルマを2倍にアップさせられる意味がわかりません。

 

仮にこのセリフが冗談であったとしても全く面白くもないですが、真顔で言ってくるんで余計にイラっとします。

 

「俺はお前らよりも偉いんやから言うこと聞け、お前らが昇格できるかどうかは俺次第や」

上司が言ったことをその瞬間に始めないと言ってきます。

特に機嫌が悪いときに多いです。

 

上司が偉いのはわかってますし出された指示には従いますが、わざわざ「俺は偉い」「お前らの昇格は俺次第」と言われると職場の雰囲気もおかしくなりますよね。

このセリフの後に「昇格したかったら俺に気に入られることやな」と言われたこともあります。

一気に士気が下がりますよね。

 

パワハラはやめようと思っても簡単に辞めれるものじゃない

パワハラ発言はやめようと思ってもそう簡単には辞められません。

 

上司自身がなかなか自覚してくれないだけでなく、自分がそう言われて今までやってきているので他のやり方を知らないんです。

 

別部署の慕われている上司(ウチの上司とはほぼ同期)と前にパワハラについて話したことがあります。

 

ウチの部署の上司と同じように仕事をしてきたのに考え方が全然違いますよね?」って聞くと

俺はあんな教え方とか指示の仕方をされるのが嫌やったから『絶対にこんな上司になるか!』って思って仕事してきたからな。逆に今更あいつみたいにしろって言われても無理やし、それはあいつも一緒やろ」って言われたんです。

 

つまり上司がこれまでどう考えてやってきたかの集大成が今なわけで、これを今更パワハラ発言をやめてほしいと期待したところで到底無理な話なんですよね。

 

現状に不満があるなら早めに転職するのが吉

日常的なパワハラ発言に不満があるなら早めに転職を考えておく方がいいですよ。

なぜならこの先必ず「辞めたい」と思う日が来るからです。

 

昔に比べて転職がしやすくなったと言われていても結局は年齢も大きなポイントになります。

先が見えているのであれば少しでも若いうちに転職活動を始めておく方が有利です。

自分が成長していける会社に少しでも早く就職しておいた方があなた自身にとってもメリットは大きくなります。

 

転職活動を始めたからといってすぐに転職先が見つかるとも限らないのでまずは情報収集から始めましょう。

情報量・利用者が業界トップクラスの転職情報サイトをご紹介します

求人情報の収集にはこの2サイトで十分です。

どちらも登録に5分とかからないので早速登録して求人情報をのぞいてみましょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXTのいいところ
・利用料完全無料
・独占求人情報量が業界トップ
・希望職種の企業から逆オファーがもらえる
・自己診断サービスが無料で使える

 

↓↓無料登録はコチラ(公式へジャンプします)↓↓

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】


DUDA(デューダ)

DUDA(デューダ)のいいところ
・利用料完全無料
・求人情報10万件以上
・利用者の満足度が非常に高い

 

↓↓無料登録はコチラ(公式へジャンプします)↓↓

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

 

辞めさせてもらえないならお金がかかっても退職代行サービスへ依頼する

辞めようとしても人材不足等を理由にいつまでたっても辞めさせてもらえない場合もあります。

そんなことではいつまでたっても新しいスタートが切れないので退職代行サービスを上手く利用しましょう。

お金はかかりますが、第三者が淡々と退職手続きを代行してくれるので確実に退職できます。

まずは相談してみてください。

 

退職代行コンシェルジュ

退職代行コンシェルジュの特徴
・退職成功実績100%
・24時間対応可能

 

↓↓詳細を見てみる(公式へジャンプします)↓↓

【退職代行コンシェルジュ】過去の退職成功率100%

退職代行J-NEXT

退職代行JーNEXTの特徴
・退職に必要な書類一式がもらえる
・一律2万円で費用がわかりやすい

 

↓↓詳細を見てみる(公式へジャンプします)↓↓

¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

 

さいごに

パワハラ的な言動はエスカレートしていくと迷惑でしかありません。

そんなところ我慢しながら働いても毎日毎日ストレスを溜め込んでしまうだけです。

 

どこかで見切りをつけないといけないなら早めに見切りをつけておく方が転職にも有利に働きますよ。

転職がしやすくなったと言われていても、やっぱり35歳という転職ボーダーラインは健在ですからね。

 

パワハラ上司が変わってくれることを期待するよりも、あなたが変われる行動をとる方が現実的ですよ。

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ