非公開求人情報が多数あるリクナビNEXTの会員登録手順を解説します

転職する人の80%が利用すると言われている求人情報サイトリクナビNEXT

 

今日はこのリクナビNEXTの会員登録の手順について解説していきます。

リクナビNEXT会員登録のメリット

・ココだけでしか見れない限定求人情報がチェックできる

・求人企業側からのアプローチを受けることができる

・無料で本格的な自己分析サービスを利用できる

用意するのはメールアドレスだけで、5分もあれば登録が完了します。

では早速見ていきましょう。

リクナビNEXTの会員登録の手順

まずは登録ページへ

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

メールアドレス(リクルートID)の登録

青枠内に登録するメールアドレスを入力し青矢印をクリックします。

 

仮登録メールが送信されてこの画面になります。

入力したメールアドレス宛に仮登録メールが届いていますのでそちらを確認します。

 

こういったメールが届いているはずです。

メール内のURLをクリックして会員情報の入力をしていきます。

会員情報の入力

①パスワード・・・パスワードは6〜20桁と決まっているので前もって考えておくとスムーズに登録できます。

②氏名(漢字・カタカナ)

③生年月日

④性別

青枠内にこれらを入力していきます。

 

⑤住所・・・郵便番号をハイフンなしで入力して住所検索ボタンを押せば市区郡以下が自動で表示されます。番地とマンション名・号室を追加で入力しましょう。

⑥電話番号

⑦自動ログイン&メルマガ設定・・・不要なものはチェックを外しておきましょう。

 

青矢印をクリックして確認画面へ。

 

登録内容に間違いがなければ青矢印をクリック。

 

希望条件&プロフィールの入力

①希望転職時期

②希望の勤務地・・・こだわりがなければ[こだわらない]にチェックをつけておきましょう。

③現在の就業状況

④現在の雇用形態

⑤現在または直前の職種

⑥希望の職種・・・こだわらない場合は[こだわらない]にチェックをつけておきましょう。

⑦現在の年収

⑧最終学歴

これらは全て入力必須項目です。

全て入力できたら青矢印をクリック。

 

①経験社数

②在籍期間

③社名・・・社名を公開したくない場合は[社名を公開しない]のチェックを必ずつけておきましょう。

④業種

⑤従業員数

⑥役職・・・役職があるようなら必ず選択しておきましょう。

 

⑦英語での実務経験

⑧TOEICかTOEFLのスコア

⑨会話レベル

⑩レジュメの非公開設定

語学スキルより下の項目は任意項目なので該当するものだけ選択して青矢印をクリック。

 

リクルートエージェントの転職支援サービスに同時に申し込むかどうかを選択します。

リクルートエージェント転職支援サービス

リクルートエージェント転職支援サービスでは職務経歴書や履歴書などの書類の添削、希望する業界・企業情報の提供、希望する企業への推薦などの転職サポートを無料で受けることができます。

各業界に詳しいアドバイザーに相談ができ、一般公開されている求人情報の他に10万件以上の非公開求人情報があるのも大きな魅力です。

一般公開すると応募が殺到するからと非公開になっている案件にも出会うことができるので他の求職者に大きく差をつけることができる便利なサービスです。

申し込むかどうかを選択し、青矢印をクリック。

 

所有している資格やスキルの入力

車の運転免許とその他の所有している資格・今までの職務経験を入力します。

「こんな資格入力するまでもないか・・」と勝手に判断せずに、持っている資格は全て入力しておきましょう。

入力できたら青矢印をクリック。

 

この画面が表示されれば登録完了です♪

会員登録が完了すればグッドポイント診断が使えるようになります

あなたの強みを診断してくれる自己分析サービスです。

やることは簡単、次々に出てくる質問に答えていくだけ。

 

ただ、よくある性格診断みたいに10問ぐらい答えて終わりのものとは比べ物にはならない本格派です!

なんたって質問の数が多い(笑)

15分ぐらいの時間が取れるときにぜひやってみてくださいね。

最後に

リクナビNEXTは転職している人の80%以上がメインで使っている求人情報サイトです。

ココはそれだけの人に選ばれるだけの圧倒的な求人情報量・実績があります!

 

いくつかの求人情報サイトを合わせて利用するにしても、ココは必ず登録して限定求人情報をどんどん仕入れましょう。



スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ