自分を追い込みすぎ!個人で抱え込める仕事には限界がありますよ

会社での仕事量はちょうどいいですか?

この記事では上司の指示する仕事を何でもかんでも受けてしまって身動きが取れなくなってしまっているあなたに「できない」と言う勇気も必要だということをお伝えします。

 

 

キャパを超える仕事を毎日残業してストイックにこなしたところであなた自身が体を壊してしまっては何の意味もないんですよ。

あらためて「なぜ仕事をするのか?」を自分に問いかけてみてください。

 

 

ストイックなのもほどほどに、「できない」と言う勇気も必要です

『上司に指示された仕事は全て完璧にこなさないといけない』

そんな風に考えていませんか?

 

 

そもそも就業時間中にこなせない量の仕事を回してくる上司が無能としか言いようがありません。

1時間でこなせる仕事量には限界がありますし就業時間にだって限りがあります。

 

 

その限られた時間の中でこなせる仕事量なのかをあなた自身が判断していかないとどんどんあなたの負担が増えていくことになりますよ。

 

 

プライベートの時間を無くしてまで毎日残業をしないといけないほどストイックに仕事をしても下手すると「あいつは仕事が遅い」なんてレッテルを貼られる可能性すらあります。

 

 

「もう今の仕事でいっぱいです」

「これ以上回されても期限内にこなせません」

そう言える勇気を持ちましょう。

 

 

断れずにあなたのキャパを超えた仕事を受け持って仮に期限を守れなかったケースを想像してみてください。

「あいつに任せてたのに!」

「あいつに任せた俺がバカやった!」

とか上司に言われたらアホらしくないですか?

 

仕事を断ったら立場が悪くなりそう

上司が割り振った仕事に意見をすると『立場が悪くなるんじゃないか?』という心配も出てくると思います。

 

 

でもよく考えてみてください。

・自分の限界を知っていてこれ以上は手に負えないと判断ができる人

・自分の限界もわからずに受けるだけ受けて期限に間に合わせられない人

どちらが迷惑でしょうか?

 

 

絶対に後者ですよね。

むしろ会社に迷惑をかけないためにも意見は伝えておくべきなんです。

あとから迷惑をかける事前に伝えてトラブルを避けるかの違いですね。

 

 

「上司が割り振った仕事は全部受けて期限も守ればいいじゃないか」

そういう意見もあるかと思いますが、すでに自分のキャパを超えている以上期限内に仕事をこなすには確実に残業が必要になってきます。

 

 

それでも残業してこなそうとする人は会社側からすると都合のいい社畜です。

万が一にもそうならないためにあなた自身の限界は伝えておかないといけません。

そこであからさまにあなたの立場が悪くなるようであればそれまでの会社だということですよね。

 

個人に必要以上の負担を強いるような会社なら辞めてしまえ

もしキャパを超えるとわかっていながら仕事をどんどん回してきたり、「期限に間に合わないかもしれない」と伝えたあなたの立場が悪なるようならその会社は間違いなくブラックです。

 

 

ここであらためてよく考えてもらいたのがあなたが今働いている理由です。

  • あなたが生活をするため
  • 奥さんや子供を養っていくため
  • 美味しいものを食べ歩くため
  • 大好きな旅行へ行くため

 

 

色々と理由はあれど、その根幹は『お金を稼ぐ』という目的のためであるはずです。

そのお金を稼ぐ目的のために今の会社に所属していますが、他の会社ではその目的は達成できないものなのでしょうか?

体力的にも精神的にもボロボロになりながら仕事を続けないと今の稼ぎを継続できないのでしょうか?

 

 

世の中には仕事とプライベートを完全に分けて一度きりの人生を思いっきり楽しんでいる人がいますが、それは別に特別なことでもありません。

行動することで意外と簡単に現状が変えられるんですよ。

 

さいごに

今あなたが受け持っている仕事量をあらためて確認してみましょう。

そのうえでスケジュール的に無理がるようなものがあれば早めに上司に報告し、トラブルの種になりそうならば再度割り振りを考えてもらいましょう。

 

 

多少無理をして達成感を得られるならいいですが、追い詰められてまで仕事をこなしたところで得られるものは社畜精神だけですよ。

 

 

人に任せる仕事量を把握できないような上司についていって上手く出世できたとしても、「俺の時代はそれでもやってきたんだ!」的なことを押し付けてくる嫌われ上司になるのがオチです。

 

 

今勤めている会社が「ブラックだ!」と感じたらすぐに見切りをつけて行動しましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ