仕事探しのは情報集めが命!求人情報を効率よく集める方法を教えます

「これから仕事探しをしようと思い立ったはいいけど・・どうやって探すのが一番いいんだろう??」

これは僕が実際に「バイト先を探そう」「就職先を探そう」と思い立つ度にぶつかってきた問題です。

 

仕事探しはいかに新鮮な情報を集められるかで全てが決まります。

情報の集め方が悪ければ給料や条件の悪い会社、よく言われるブラック企業につかまってしまう可能性だってあります。

そこで今日は新鮮な求人情報を効率よく集める方法について書いていきたいと思います。

これから仕事を探そうという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

新鮮な求人情報を効率よく集める方法

今の世の中、求人情報を集める方法はいろいろあります。

  • 昔からある職業安定所(ハローワーク)や新聞の折り込み広告
  • 書店や飲食店に置いてある求人情報誌やフリーペーパー
  • 家にいながらいつでも手軽に検索できる求人情報サイトや求人アプリ

 

他にも知人に求人情報(仕事)を紹介してもらったりするパターンもありますね。

仕事探しはより多くの新鮮な求人情報をキャッチすることが大事です。

 

その収集方法として最も効率がいいのが求人情報サイトです。

インターネット上で求人情報が公開されるので、いつどこにいても新鮮な求人情報を確認することができます。

しかも、希望する職種やエリアを登録しておくことでサイト側から新規公開の求人情報の提案を受け取ることもできるという便利なサービスもあります。

求人情報はナマモノ?鮮度のいい情報は情報誌よりもネットで探せ!

求人情報には鮮度があります。

しかもその情報の鮮度は新しければ新しいほどアツい情報で、求人情報サイトの方が求人情報誌よりも圧倒的に効率的に情報を集められます。

その理由は、情報が公開されてからあなたの目に触れるまでの時間に大きな差があるからです。

求人情報誌の特徴

・掲載原稿の校了から実際に掲載されるまでの間に数日のタイムラグが生まれる

・置いてある店舗や書店に足を運ぶ必要がある

 

求人情報サイトの特徴

・求人情報の掲載指示を出してからほぼリアルタイムで情報が掲載される

・いつでもどこでもインターネット環境さえあれば情報を確認できる

・希望条件を登録しておけば条件に合う求人情報をサイト側が提案してくれる

 

情報誌であれ情報サイトであれ、掲載されている求人情報の採用枠はすでに決まっています。

この採用枠に入ろうと思えば、より早い段階で求人情報をキャッチしないといけません。

そのために役立ってくれるのが求人情報サイトなんです。

 

 

実際に求人情報サイト:はたらこネットで2019年2月に【どのように仕事探しをしていますか?】というアンケート結果が発表されました。

出典:はたらこネット≪お仕事の探し方・派遣会社の探し方についてのアンケート調査≫

求人情報サイトの利用が36%、検索エンジンの利用も含めると全体の55%がインターネットを使って仕事探しをしていることになります。

昔からある求人情報誌や折り込み広告のみに頼っていると鮮度のいい情報にはなかなかお目にかかれません。

インターネットをどんどん活用しましょう!

求人情報は集めるだけじゃダメ!気になるものには迷わずエントリー!

仕事探しで最も大事なのが行動することです。

上手く求人情報を集められたとしても、眺めているだけでは何のために情報を集めたのがわかりません。

 

目的はあくまでも『求人情報を集めること』ではなくて『求人情報を集めて仕事先を探すこと』です。

そこで大事になってくるのが行動力です。

 

「この仕事やったことないからなぁ・・」

「もっといい求人が出てくるかも・・」

僕自身もこんなことを考えながら求人情報をただ眺めるだけだった時期もあるのでわかりますが、そもそもやったことのない仕事なのは当たり前で、そんなやったことのない仕事で最初から上手くいくイメージが持てる人なんてそうそういません。

 

もしあなたが悩んでいる間に採用枠が埋まってしまったとなれば後悔してしまいませんか?

やってみる前から想像で「できる」か「できないか」を判断するよりも、まずは面接を受けてみて「どういう仕事をする会社なのか」「どんな人が働いている会社なのか」を知ってから判断した方が後悔も残りません。

 

とにかく気になる求人情報が見つかったら「できるかどうか」を迷うよりも即エントリーです!

登録不要で仕事探しができる求人情報サイト3選

仕事探し利用すべき求人情報サイトを3つ厳選しました。

 

indeed(インディード)

インディード公式ホームページ

俳優の斎藤工さんがテレビでCMをしている求人情報検索サイトのindeed(インディード)です。

このサイトは求人情報の検索専門サイトでして、求人情報の探しやすさに特化しています。

 

登録は不要で、トップページの検索窓にキーワードと勤務地を入れるだけでインターネット上から集めた求人情報を幅広く表示することができます。

世界60カ国に対応しているので世界的に見てもその情報量は圧倒的です。

fromA(フロムエー)

フロムエー公式ホームページ

パートやアルバイト、派遣社員の情報はピカイチ!

21万件以上の求人情報を掲載している大型求人情報サイトです。

 

もちろん登録せずに利用することもできますが、登録をしておけば『ぴったりおシゴトメール』というサービスを受けることができます。

これはあなたが過去に検索した条件を自動的に登録し、サイト情報の更新時にあなたに合った求人情報をメールで知らせてくれるというものです。

貴重な情報を見落としてしまわないためにも登録をオススメします。

イーアイデム

イーアイデム公式ホームページ

役立つコンテンツが充実!

15万件近い求人情報を持っている求人情報サイトです。

 

こちらのサイトも会員登録をすることで『新着お仕事メール』が利用でき、新しく掲載された求人情報をいち早くキャッチすることができます。

内定率80%越え!?就職支援サイトを利用すれば正社員の内定率が大幅アップ!

就職支援サイトを知っているでしょうか?

正社員での就職を目指しているフリーターや派遣社員、高卒者や大学中退者が職に就けるようサポートしてくれる支援サイトがあるんです。

 

無料であなたの就職活動をサポートしてもらえますし、自分一人では入社前に気づくことができないブラック企業かどうかについても情報をたくさん持っていますので利用しない手はありません。

 

「入社してみたら事前に聞いていた話と違った!」

せっかく苦労して入社したのに実はこんな会社だった!なんてことになったら大変です。

 

就職支援サイトでは就活の基礎知識やビジネスマナー、面接対策までを無料で学ぶことができます。

就職活動をスムーズに進めるためにもこれらの情報は知っておいて決して損はありません。

    優良な就職支援サイトを2つご紹介

    JAIC(ジェイック)

    JAICは20代専門の就職支援サイトで、就職成功率なんと驚きの80%を超え!

    しかも日本全国で18000社あると言われている就職支援会社のうち、42社しか認定されていない職業紹介優良事業者

    にも選ばれています。

     

    15年以上で15,000人近い人達の就職支援実績があり、新卒者だけでなく高卒者や大学中退者に強いのも魅力です!

     

    公式ページでJAICを詳しく見てみる >> 就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

    ウズキャリ

    ウズキャリは既卒(専門学校や大学を卒業後、正社員として働いたことがない人)専門の就職支援サイトで、こちらも内定率83%を誇っています。

    完全無料で個別サポートを受けることができるのは魅力です。

     

    しかもウズキャリは独自の基準でブラック企業かどうか判定し、ブラック企業と認定された企業とは取引を行わないなど徹底的に排除しているのでハズレを引く確率はかなり低くなります。

     

    公式ページでウズキャリを詳しく見てみる >> 既卒の就職ならウズキャリ既卒

    まとめ

    求人情報を集める方法はいろいろありますが、より鮮度のいい情報を効率よく集めるなら求人情報サイトが最適!

    希望条件を登録しておけば、条件に合った求人が出た段階でサイト側からの提案があるのも嬉しいところ。

     

    登録不要で利用できる求人情報サイトはこの3つ

    1. indeed(インディード)
    2. fromA(フロムエー)
    3. イーアイデム

     

    もっと内容の濃い最新情報がほしいならこちらもチェック!

    >> 正社員の経験がない人がより有利に就活を進めるにはどうすればいいのか?

     

    正社員を目指すならこの2つの就職支援サイトがオススメ

    JAIC(ジェイック)

    ウズキャリ

     

    仕事探しはいかにいい求人情報を集められるかが命です。

    妥協して職場を選ばないためにもより新鮮な求人情報を集める方法は知っておいて損はないですよ。

    スポンサーリンク
    こちらの記事もオススメ