和歌山市にある四季の郷公園でお金をかけずに子供達と遊んできた!

どーも、ヒロです!

突然ですが子供の長期の休みってお金がかかりません?

「せっかくの春休みだし…」

「せっかくの夏休みなんだから…」

「せっかく冬休みに入ったことだし…」

そんなことでつい、普段はあまり行かないところに連れて行ってあげないといけない!みたいな変な義務感が生まれてきたりして・・。

 

ただ肝心なのがお財布事情なんです。

特に春休み中はお金の使いすぎには注意しないと。

なんたって4月・5月は税金の請求が続きますからね。

車の税金…家の固定資産税…

このワンツーパンチはなかなか重い(-᷅_-᷄๑)

 

こんなことも考えていると『お金をかけずに遊べる』っていうのはかなりポイントが高い!

ってわけで、和歌山市明王寺の四季の郷公園で子供と思いっきり遊んできました!

四季の郷公園

四季の郷公園は和歌山市明王寺にあるかなり広い公園です。

 

四季の郷公園は、25.5ヘクタールの広大な面積をもち、“野鳥や昆虫、植物とふれあえる自然観察の森”と“花や緑のやさしさが体感できる緑花果樹苑”の2つのエリアで構成された自然と農業のテーマパークです。
緑花果樹苑には、地元の農家が心を込めて栽培した新鮮で安全な野菜や果樹などを販売する“農産物直売センター”と高さ17メートルのシンボルタワーや長さ70メートルのロ―ダースライダーがある“宝くじ遊園”のほか、“バラ温室”では多種のバラが咲きほこっています。

出典:和歌山市ホームページ ⇒ 四季の郷公園の概要

四季の郷公園へのアクセス

四季の郷公園までは電車、近場なら自転車で行くことになります。

最寄駅は伊太祈曽(いだきそ)駅

公園の最寄り駅は和歌山電鉄貴志川線の伊太祈曽駅です。

この和歌山電鉄貴志川線は本数が少なく、たしか1時間に2本程度です。

帰りの電車の時間も前もって確認しておくようにしましょう。

無料の駐車場完備

公園のすぐ隣には無料の駐車場があります。

台数もかなりあるのでバッチリ!

 

駐車場内でテンションが上がったちびっ子が車の影から飛び出してくることがあるんで運転には注意してくださいね。

ちなみに駐輪スペースも無料です。

広い敷地と遊具

今回遊んできたのは3箇所!

  1. エントランス広場
  2. ぶどう遊具
  3. 多目的広場

エントランス広場

ココは主に小さい子向けです。

駐車場のすぐ近くにあるので小さいお子さん連れでも心配いりません。

駐車場が遠いと子供が遊び疲れて寝ちゃったときなんか大変ですからね(笑)

ぶどう遊具

少し大きくなった子向けの遊び場がココ!

ブドウや

マスカットがあったり

長いローラーコースターまであります!

ウチの子は気に入ったのかずっと遊んでました(笑)

多目的広場

ぶどう遊具のすぐ隣の敷地。

かなり広いスペースがあるのでドッチボールやバレーボールをしている人もいます。

 

ココでは僕と奥さんの激しいバトミントンバトルが繰り広げられました。

下手 VS 下手

お互い下手なんでなかなかラリーが続かず、お互いが風のせいにするという泥試合でした(笑)

トイレと手洗い場

公園に行ったときに困るのがトイレと手洗い。

なんたって子供のトイレは急です!

「漏れそう」から「出た」までの時間が短いのであまり遠いと困ります。

 

水道も色んなところに数多く設置されているので、どろんこになった手のままで車に乗ったりすることもなくなりますね。

最後に:子供はどこでもいい

いやー遊びました!

子供の体力についていくのに必死でしたね。

最後の1時間ぐらいはへばってしまったんで子供たちだけで遊んでもらいました。

子供たちも汗だくになって遊んで大満足だったようでよかった(^_^)

 

「せっかくの休みだから」と特別感を持たそうとしてしまうのも親だけで、子供にしてみたら広い遊び場があればどこでもいいんでしょうね。

「行くところがない」って思ってるパパさんやママさんはとりあえず近所の小さい公園へ行ってみてはどうでしょうか?

大人が思う以上に楽しんでくれますよ(^_^)

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ