いつまでバカ高い携帯(スマホ)料金を払い続けるんですか?

こんにちは、最近は節約にどハマりしているヒロ(@hirohiro_cutです。

 

毎月の家計簿をつけているとき、携帯の利用料金についてこんな風に考えたことはありませんか?

・こんなにも携帯(スマホ)料金が高いのは何故なのか?
・なんとか料金を安く抑えられないだろうか?
・料金が安い人って実際どんなことをやってるの?

 

もし

確かに考えたことはあるけど今だに同じことで悩んでいるんだよなぁ

ってことならぜひ最後まで読み進めてみてください。

 

 

この記事では携帯(スマホ)料金が高い理由を知れば安く抑える方法が見えてくるというお話をしていきます。

 

最後まで読んでいただくことで『携帯(スマホ)料金を安く抑えるためには今どう行動するべきなのか』がはっきりと見えてきます。

毎月の携帯料金が高い4つの理由

毎月の携帯料金が高い理由を調べるために、まずは今の契約プランと使い方を確認してみましょう!

契約プランの確認方法

docomoを利用中 >> 公式サイトから調べる

auを利用中 >> 公式サイトから調べる

softbankを利用中 >> 公式サイトから調べる

どこにどれだけのお金をかけているのかを正確に把握することで改善ポイントが具体的に見えてきます。

 

チェックするポイントは次の4つ

  1. データプランが合ってないんじゃないか?
  2. 通話プランが合ってないんじゃないか?
  3. 使いもしない無駄な有料オプションがついていないか?
  4. 本体の分割払い金がまだ残っているんじゃないか?

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

① データプランが合ってないんじゃないか?

実際に3大キャリア各社の代表的なデータプランを参考にあなたが毎月使っているデータ量が適正かどうかを見てみましょう。

docomoを契約している場合

ギガホ (上限30G)

2年縛りなし 2年縛りあり
7,150円 6,980円

ギガライト (上限7G)

2年縛りなし 2年縛りあり
〜1G 3,150円 2,980円
〜3G 4,150円 3,980円
〜5G 5,150円 4,980円
〜7G 6,150円 5,980円

auを契約している場合

auデータMAX Pro (上限無制限)

6,980円

auフラットプラン20N (上限20G)

5,000円

auフラットプランN (上限7G)

3,480円

auピタットプランN  (上限7G)

2年縛りなし 2年縛りあり
〜1G 3,150円 2,980円
〜4G 4,650円 4,480円
〜7G 6,150円 5,980円

softbankを契約している場合

ウルトラギガモンスタープラス (上限50G)

7,480円 (動画SNS放題付き)

ミニモンスター

〜1G 2,980円
〜2G 4,980円
〜5G 6,480円
〜50G 7,480円

 

どうでしょうか?

キャリア3社の公式サイトを見てみると、

月々〇〇円!

と書かれたさらに下に小さく”※ △△の割引後の料金です”なんてズルい補足が書いていたりするので、あらためて確認してみると公式サイトに書かれてあるほど安くなかったなんて人もいたはずです。

 

docomoショップでギガホプラン(上限30G)をすすめられて契約したけど、実際は毎月7Gも使ってない

仮にそういう事情があるのであればギガライトプランへ変更した方が1,000円以上も月額料金が安くなります。

 

毎月使っているデータ量に契約プランを合わせるだけで携帯料金は圧縮できます。

さらに新プランが登場したときは大幅に料金を下げられる可能性があるのでマメにチェックしておくことが大切です。

② 通話プランが合ってないんじゃないか?

通話料金はキャリア3社とも同じで30秒毎に20円です。

この点について各社2パターンの定額プランを用意しています。

docomoの通話プラン

1回5分まで無料 700円
かけ放題 1,700円

auの通話プラン

1回5分まで無料 700円
かけ放題 1,700円

softbankの通話プラン

1回5分まで無料 500円
かけ放題 1,500円

 

例えば

仮に定額プランを使わずに1ヶ月に18分通話すると通話料は720円がかかります。
(40円×18分=720円)

毎月18分以上(1回につき5分まで)通話をするなら700円の定額プランを利用する方が通話料を安く抑えられます。

 

もし仕事で使ったりする場合で1ヶ月に43分通話しているなら通話料は1,720円がかかります。
(40円×43分=1720円)

毎月43分以上通話をしているなら1,700円のかけ放題プランにしないと高くついてしまう計算です。

 

すでにかけ放題プランに加入しているのに1ヶ月の通話時間が極端に短い

こんな場合は今すぐにでも契約プランを変更すべきです。

 

LINEやSkypeなどのアプリを使って無料通話ができるものも増えてきているのでそちらを優先的に使うよう心掛けることで有料の通話時間をかなり減らすことができます。

 

通話料についてもデータ通信料と同様に使い方に合ったプランを選ぶことが大切です。

③ 使いもしない無駄な有料オプションがついていないか?

スマホを新規契約するときや機種変更をするときに

初月無料の有料オプションを追加していただければ〇〇の特典もお付けできます

なんてセールスをされたことはありませんか?

 

  • しばらくして解約してくれればいいと言われていたのにすっかり忘れていた
  • いつでも解約できると思ってズルズルと後回しにしていた

こんな風に毎月せっせと500〜1,000円を支払い続けている。

コレは完全な無駄遣いです!

 

  • 留守番電話
  • 割り込み通話
  • 動画視聴
  • アニメ視聴
  • マンガ読み放題

契約してから1度も使ったことがないのに毎月お金だけを支払っているオプションサービスがあるならさっさと解約してしまいましょう!

④ 本体の分割払い金がまだ残っているんじゃないか?

スマホ本体を一括払いで購入している人って意外と少なく、ほとんどの人が分割払いを選択しています。

分割払いで購入しているならその分割金の支払いが終わるまでは一定の金額を毎月払い続けないといけません。

 

  • 分割金として毎月どれだけ支払っているのか
  • あと何ヶ月で支払いが終了するのか

この2点は必ず正確に把握しておきましょう。

毎月の携帯(スマホ)料金を安くするための2つの方法

毎月の携帯料金を安くするためには実際に安くするための行動をしないといけません。

逆に言えば安くするための行動さえすれば誰にでも毎月の携帯料金を安くすることは簡単にできるということです。

 

携帯料金を安くするための具体的な行動は次の2つ

  1. 契約プランの変更
  2. 契約キャリアの変更

① 契約プランの変更

  • 今契約しているプランと使い方を確認して適正なプランを選択できているか
  • 無料アプリ等を使って使い方を改善できないか

この2点を検討して契約プランの変更をすることで携帯料金を圧縮できます。

 

新プランや新機能のアプリはどんどん出てきますので契約プランを固定してしまうのではなく、定期的に見直して変更していくことが大事です。

 

Wi-Fi環境を整えればさらに出費を減らせる

Wi-Fi環境があればデータ量を消費せずにWEBサービスを利用できるので、YouTubeなどの動画を視聴する時間が長いなら接続設定は必須です。

家や職場にWi-Fi環境がある場合は必ず接続設定しておきましょう。

コンビニや商業施設のフリーWi-Fiも積極的に利用して消費するデータ量を減らすことができればもう1段階下の料金プランを狙うこともできます!

② 契約キャリアの変更

契約キャリアの変更については2種類あります。

  • 3大キャリア(docomo・au・softbank)間での変更
  • 格安SIMへの変更

 

3大キャリア(docomo・au・softbank)間でのキャリア変更でも多少の節約効果は見込めますが、大幅に携帯料金を下げるなら格安SIMへの変更がオススメです。
※ 使うスマホ本体は新しく用意してもいいし、使い慣れたスマホをそのまま使いたいなら格安SIMだけ契約することもできます。

 

僕自身も格安SIMに変更して3年以上になりますが、毎月のスマホ料金は2,000円ほどです。

auで契約していた頃は毎月8,000円ぐらいだったので僕単体でも6,000円、奥さんの分も合わせると毎月1万円以上も料金を安くできています。

まとめ

今の携帯(スマホ)料金が高いのはあなた自身が安くするための行動をとってこなかったからです。

 

具体的にどう行動していいのかわからなかったあなたも、まずは今の契約プランと使い方を確認することから始めましょう。

そうすることで今どうするべきなのかがはっきりと見えてきます。

契約プランの確認方法

docomoを利用中 >> 公式サイトから調べる

auを利用中 >> 公式サイトから調べる

softbankを利用中 >> 公式サイトから調べる

 

チェックするポイントは次の4つ

  1. データプランが合ってないんじゃないか?
  2. 通話プランが合ってないんじゃないか?
  3. 使いもしない無駄な有料オプションがついていないか?
  4. 本体の分割払い金がまだ残っているんじゃないか?

 

料金が高くついている原因がわかれば改善するために今すぐに行動をしましょう。
※ 後回しにしてしまうと絶対にやらなくなりますよ。

  1. 契約プランの見直し
  2. 契約キャリアの変更

 

もっとも節約効果が高いのは格安SIMへの乗り換えです。

料金の下げ幅は契約プランの見直しの比ではないので、料金をドーンっと下げたいなら格安SIM一択ですね。

 

携帯(スマホ)料金が高いと感じているなら早めに手を打たないと毎月損を重ね続けることになりますよ!

スポンサーリンク
こちらの記事もオススメ